MENU

自分の体臭をセルフチェックで確認する方法について

家族、友人や知人、会社の同僚や上司の体が臭う!という経験をされた方も少なくはないと思います。

 

 

もしかすると、恋人やパートナーからあなたの体臭が気になられているかもしれません。

 

 

他人の体臭にはすぐに気がつくけれど、自分の体臭は気が付きにくいものですからね。

 

 

 

どうして自分の体臭に気が付きにくいのかといいますと、自分のニオイに慣れてしまっているからです。

 

つまり、感覚がマヒしてしまっているということなのですね。

 

 

 

でも、他人から自分が臭われているとショックですよね…。

 

そこで、まずは自分の体が臭っていないか確認してみると良いかもしれません。

 

臭っていなければ問題ないですし、仮に臭いがあったとしても、デオドランドケアアイテムで体臭対策をすることで、改善することができます。

 

 

 

そのためには、自分の体臭を確認しておくことが大切です。

 

それでは、自分の体臭をセルフチェックできる方法についてご紹介したいと思いますね。

自分の体臭をセルフチェックしてみましょう!

お風呂に入る前に、自分の着ていた服のニオイを嗅いでみる

入浴前に着ていた衣類のニオイを嗅ぐ時は、脇や背中の箇所を良く嗅いでみるのがポイントです。

 

衣類に黄色いシミができていたら、「ワキガ」の可能性もあります。

 

1日着たシャツをビニール袋に入れてニオイを嗅いでみる

1日着たインナーをビニール袋に入れて確認する方法ですが、こちらは少し時間を置いてからチェックするのがポイントです。

 

肌に接しているインナーのニオイを嗅ぐのが重要ですね。

 

「入浴前に着用していた衣服のニオイを嗅ぐ」「1日着ていたインナーをビニール袋に入れて嗅ぐ」このいずれかで自分の体が臭っていないか確認することができます。

 

 

 

また、体臭をチェックするのは入浴後がオススメです。

 

体のニオイもほとんどなくなっている状態で、嗅覚も敏感に働いていますからね。

 

 

 

ニオイを嗅ぐ時は脇や背中などの汗をかきやすい部分をチェックしてみてください。

 

いずれのセルフ体臭チェックも簡単にすることができますが、この時にかなりキツイ臭いがしてしまっていたら、周りの人から臭われている可能性があります。

 

 

 

ただ、臭いがしたからといって悲観的になることはありません。

 

「体臭がする」ということがわかれば、対策をすることができますからね。

 

 

 

今は良質なデオドランドケアグッズがたくさんありますので、そちらで対策をしていくのもオススメです。

 

即効性がありますし、ニオイで悩んでいる方の愛用者も多いですからね。