MENU

男の加齢臭

加齢臭は、男性・女性ともに起こりうる臭いの悩みですよね。

 

子どもの頃に、お父さんから独特な臭いがするなぁ…と思っていたことがありますが、僕もそんなことを言っている場合ではなくなってきてしまいました(汗)。

 

 

 

僕はまだ加齢臭が気になる年齢ではありませんが、20歳を過ぎたあたりから歳を重ねるのが早くなってきた気がしますからね…。

 

そんな加齢臭が一般的に気になると言われている年齢は30代の後半から40歳を過ぎたあたりからです。

 

 

 

また、ニオイは人によって違いがあります。

 

「古本のようなにおいがしたり…」「蝋のようなにおいがしたり…」「油が腐ったようなにおいがしたり…」などですね。

 

 

 

でも、どうしてこのような加齢臭が発生してしまうのでしょうか。

 

そのことについて以下で紹介したいと思いますね。

 

加齢臭が発生してしまう原因について

加齢臭の原因は、「ノネナール」という体臭物質によるものです。

 

若い時は、新陳代謝が活発に働きますが、年齢を重ねると新陳代謝が落ちてしまいます。

 

代謝が落ちてしまうことで、ノネナールなどの体臭物質を抑えることができなくなってしまうのです。

 

 

 

加齢は誰もが避けても通れない道ですし、これは仕方のないことだと言えます。

 

ですから、加齢臭対策は必須だとも言えるのですね。

 

 

加齢臭対策をしましょう!

メンズコスメなどの体臭対策ケアをしているという方も多くいらっしゃいます。

 

でもその前に、生活習慣によっても加齢臭を増加させてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

例えば、「ストレス」ですね。

 

ストレスは病気にもなりやすくなってしまいますし、百害あって一利もありません。

 

 

 

ストレスを感じると活性酸素が増え、体臭物質も多く排出されるようになってしまいます。

 

なので、ストレス発散をしたり、ストレスを溜め込まないことが大切です。

 

それから、過度な飲酒や喫煙も好ましくありませんね。

 

 

 

また、食生活にも注意が必要です。

 

お肉ばかりを食べていたりすると、体を酸化させてしまい、加齢臭の元となる臭いを発生させてしまいやすくなりますからね

 

お肉はビタミン・必須アミノ酸など栄養満点の食材ですが、「食べ過ぎ」には注意しましょう。